株式会社太陽

大阪を中心に京都・神戸・首都圏で販売員、ホームヘルパーの人材を紹介

会社案内

ごあいさつ

なぜ生き残ったのか考えなさい。あなたには、しなければならないことがあって生かされたのだから。代表取締役社長 牧野 孝司

社訓五章

  1. 一、至誠に悖るなかりしか
  2. 一、言行に恥づるなかりしか
  3. 一、気力に缺くるなかりしか
  4. 一、努力の憾みなかりしか
  5. 一、不精に亘るなかりしか

社聖訓五箇条

  1. 一、所員は忠節を尽くすを本分とすべし
  2. 一、所員は礼儀を正しくすべし
  3. 一、所員は武勇を尚ぶべし
  4. 一、所員は信義を思んずべし
  5. 一、所員は質素を旨とすべし

会社概要

社名 株式会社 太陽
設立 1975年5月19日
資本金 1000万円
本社 許可番号 27-ユ-020032
大阪市北区中崎西2丁目4番43号 山本ビル梅田7F

TEL 06-6292-7111(代)
FAX 06-6292-7114

雇用関係給付金取扱職業紹介事業者
大阪労働局 01-0018

再就職支援給付金及び
再就職支援会社活用給付金取扱職業紹介事業者
大阪労働局長 通番無し

[福祉事業部]
介護保険事業所番号    2774101055
       〃     2774101097
指定居宅支援事業所番号  27100300582118
       〃     27100200582119
       〃     27100100582110

京都 株式会社 太陽アネックス
許可番号 26-ユ-010048
京都市中京区烏丸通蛸薬師角七観音町
烏丸センタービル4F
TEL 075-213-2710
FAX 075-213-2730
雇用関係給付金取扱職業紹介事業者
京都労働局 13-0004

取引銀行 三菱東京UFJ銀行 堂島支店
りそな銀行 渋谷支店
主要就労先 大阪・京都・神戸・滋賀・和歌山・姫路・東京・神奈川・埼玉・千葉地区の百貨店・スーパー・ 専門店・ホテル・大手企業等

株式会社 太陽 グループの理念と方針。経営理念・企業目的

いい会社とは

単に経営上の数字が良いというだけでなく、会社をとりまくすべての人々が、日常会話の中で「いい会社だね」と言ってくださるような会社のことです。
「いい会社」は自分たちを含め、すべての人々をハッピ-にします。 そこに、「いい会社」をつくる真の意味があるのです。

企業目的

企業は本来、会社を構成する人々の幸せの増大のためにあるべきです。私達は、社員が精神的にも物質的にも、より一層の幸せを感じるような会社をつくると同時に、永続することにより環境整備・雇用・納税・メセナなど、様々な分野でも社会に貢献したいと思います。したがって、売り上げや利益の大きさよりも、会社が常に輝きながら永続することにつとめます。

社是を実現するための会社としての心がけ

・遠くをはかり、進歩軸に沿う研究開発に基づく種蒔きを常に行います。
・永続のために、適正な成長は不可欠です。急成長を戒め、環境と人との調和をはかりながら、末広がりの堅実な成長を目指します。
・収益性、財務、営業力、開発力、取引先、知名度、メセナ等について企業規模との好ましいバランスを常に考えて行動します。

社是を実現するための社員としての心がけ

・ファミリーとしての意識を持ち、公私にわたって常に助け合おう。
・創意、熱意、誠意の3意を持って、いいサービスを提供しよう。
・すべてに人間性に富んだ気配りをしよう。
・公徳心をもって社会にとって有益な人間であるように努めよう。

モットー

紳士淑女をもてなしする私たちも紳士淑女です。太陽マジックと呼ばれる。

クレド

太陽グループはお客様への心のこもったおもてなしと快適さを提供することを最も大切な使命と心得ております。
私たちは、お客さまに心温まる、くつろいだそして洗練された雰囲気を常にお楽しみいただくために最高のパーソナルサービスを提供することをお約束します。
太陽グループでお客様が経験されるもの、それは、感覚を満たす心地よさ、満ち足りた幸福感そしてお客様が言葉にされない願望や二ーズをも先読みしてお答えするサービスの心です。

従業員への約束

太陽グループではお客様へのお約束したサービスを提供するうえで、紳士・淑女こそが最も大切な資源です。
信頼、誠実、尊敬、高潔、決意を原則とし、わたしたちは、個人と会社のためになるよう持てる才能を育成し、最大限に伸ばします。
多様性を尊重し、充実した生活を深め、個人の志を実現し、太陽グループ・ミスティーク(神秘性)を高める・・・太陽グループは、このような職場環境をはぐくみます。

サービスの3ステップ

温かい、心からのご挨拶を、お客様をお名前でお呼びするよう心がけます。
お客様のニーズを先読みし、おこたえします。
感じのよいお見送りを。さようならのご挨拶は心をこめて。できるだけお客様のお名前をそえるよう心がけます。

  

ページトップ